WhoisIPアドレスルックアップ:219.99.181.46 (連絡方法:住所、電話、Eメールなど。)

🖥 IP:219.99.181.46Whois情報検索

IP Whoisは、担当事業者、ネットワークノード、管理機関名・住所、管理者の電話・メールボックスなどの219.99.181.46属性情報を提供するネットワークサービスです。 219.99.181.46 は Web 管理インターフェイスの IP アドレスですhttp://219.99.181.46 をクリックして管理ページにログインできます。 IP Whoisの詳細については、ページ下部の紹介記事をご覧ください。このデータは 2024-01-05T18:29:08 で更新されました。 (場所: 219.99.181.46)

IP:219.99.181.46 アイコン/画像意味表
IPネットワーク- 219.96.0.0 - 219.96.7.255
IPバージョン: v4
アドレス範囲: 219.96.0.0 - 219.96.7.255
ネットワーク名: TOKAI-NET
国: JP - 日本 ( JP )
イベント: 最後に変更された
クラス名: ip network
開始アドレス: 219.96.0.0
終了アドレス: 219.96.7.255
備考:
説明: TOKAI Communications Corporation
通知:
ソース: Objects returned came from source
JPNIC
規約と条件: Objects returned came from source
JPNIC
This is the APNIC WHOIS Database query service. The objects are in RDAP format.
This information has been partially mirrored by APNIC from JPNIC. To obtain more specific information, please use the JPNIC WHOIS Gateway at http://www.nic.ad.jp/en/db/whois/en-gateway.html or whois.nic.ad.jp for WHOIS client. (The WHOIS client defaults to Japanese output, use the /e switch for English output)
http://www.apnic.net/db/dbcopyright.html ( 利用規約 )
Whoisの不正確なレポート: Objects returned came from source
JPNIC
This is the APNIC WHOIS Database query service. The objects are in RDAP format.
This information has been partially mirrored by APNIC from JPNIC. To obtain more specific information, please use the JPNIC WHOIS Gateway at http://www.nic.ad.jp/en/db/whois/en-gateway.html or whois.nic.ad.jp for WHOIS client. (The WHOIS client defaults to Japanese output, use the /e switch for English output)
If you see inaccuracies in the results, please visit:
https://www.apnic.net/manage-ip/using-whois/abuse-and-spamming/invalid-contact-form ( 不正確なレポート )
状態: アクティブ
リンク: https://jpnic.rdap.apnic.net/ip/219.96.0.0/21 ( 自己 )
https://netox.apnic.net/search/219.96.0.0%2F21?utm_source=rdap&utm_medium=result&utm_campaign=rdap_result ( 関連している )
Whoisサーバー: whois.apnic.net
適合性: nro_rdap_profile_0, cidr0, rdap_level_0

entity- IRT-JPNIC-JP
ハンドル: IRT-JPNIC-JP
役割: 乱用する
イベント: 最後に変更された : 2022-06-14T04:26:58Z
備考:
備考: hostmaster@nic.ad.jp was validated on 2020-07-23
リンク: https://jpnic.rdap.apnic.net/entity/IRT-JPNIC-JP ( 自己 )
バージョン: 4.0
名前: IRT-JPNIC-JP
親切: グループ
住所: Uchikanda OS Bldg 4F, 2-12-6 Uchi-Kanda Chiyoda-ku, Tokyo 101-0047, Japan
電話: +81-3-5297-2312
メール: hostmaster@nic.ad.jp

entity- JP00078326
ハンドル: JP00078326
役割: テクニカル, 管理
リンク: http://whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw?key=JP00078326/e ( 関連している )
http://whois.nic.ad.jp/cgi-bin/whois_gw?key=JP00078326 ( 関連している )

entity- JNIC1-AP
ハンドル: JNIC1-AP
役割: テクニカル, 管理
イベント: 最後に変更された : 2022-01-05T03:04:02Z
リンク: https://jpnic.rdap.apnic.net/entity/JNIC1-AP ( 自己 )
バージョン: 4.0
名前: Japan Network Information Center
親切: グループ
住所: Uchikanda OS Bldg 4F, 2-12-6 Uchi-Kanda Chiyoda-ku, Tokyo 101-0047, Japan
電話: +81-3-5297-2312
メール: hostmaster@nic.ad.jp
ウィキペディア : WHOIS(ja)

WHOIS(フーイズ)は、インターネット上でのドメイン名・IPアドレス・Autonomous System (AS) 番号の所有者を検索するためのプロトコル。データベース検索を用い、TCPベースでクエリ(質問)・レスポンス(応答)を行う。🔗 WHOIS ( ja )
🌐: هو إيز (بروتوكول), Whois, Whois, Whois, WHOIS, WHOIS, هوئیز, WHOIS, Whois, Whois, 후이즈, Whois, WHOIS, WHOIS, WHOIS, WHOIS, WHOIS, Whois, Whois, WHOIS,

IP管理者のWhois情報とは?

IP管理者のWhois情報とは?
Whois(「Who is」と発音する)は、ドメイン名のIPと所有者に照会するために使用されるトランスポートプロトコルです。簡単に言えば、whoisは、IPが使用されたかどうかを照会し、IPの詳細を使用するために用いられるデータベースです(IP所有者、連絡先の詳細、IPレジストリなど)。whoisによって 、IP情報の問い合わせができます。

初期のwhoisクエリはコマンドラインインターフェイス上に存在していましたが、現在はWebインターフェイスを簡素化し、一度にさまざまなデータベースをクエリできるオンラインクエリツールがいくつか出現しました。 Webインターフェイスのクエリツールは、依然にwhoisプロトコルを使用して、クエリ要求をサーバーに送信しており、コマンドラインインターフェイスツールも同じく、システム管理者によって広く使用されています。 Whoisは通常、TCPポート43を使用します。各ドメイン名/IPのwhois情報は、相応な管理機関によって保存されています。

IANA(Internet Assigned Numbers Authority)は、インターネットIP ドメインネームシステムの最高権限を持つ機関です。IANAは、インターネットドメインネームシステムの設計、メンテナンス、アドレスリソース割り当てなどに置いて、絶対的な権限を持っています。 IANAの下には、ヨーロッパ、アジア太平洋、米国およびその他の地域におけるIPアドレスリソースの割り当てと管理を担当する、5つの支部があります。これら5つの機関は次のとおりです。

1. RIPE NCC(Réseaux IP Européens、ベルギーに設置)、ヨーロッパ全体のIPアドレスリソースの割り当てと管理を担当する。
2. APNIC(Asia Pacific Network Information Center、オーストラリアに設置)、アジア太平洋地域のIPアドレスリソースの配分と管理を担当する
3. ARIN(American Registry for Internet Numbers、アメリカに設置)、米国およびその他の地域におけるIPアドレスリソースの割り当ておよび管理を担当する
4. LACNIC(Latin America and Caribbean Network Information Centre)は、ラテンアメリカとカリブ海のインターネットアドレス登録管理機関、2002年にウルグアイで設立された国際的な非政府組織である。
5. AFRINIC(African Network Information Center)は、アフリカ地域インターネットアドレス登録管理機関であり、モーリシャスのエベネに本部を設置しています。 AFRINIC設立以前は、アフリカのIPアドレスの配布はAPNIC、ARINとRIPE NCCの役目でした。

WhoisでIP管理者の情報検索の意味?

WhoisでIP管理者の情報検索の意味?
IP Whoisクエリの主な機能は、IPアドレスの割り当てと所有者情報を照会することです。簡単に言えば、IP WhoisはIPの詳細(IP所有者、管理者の連絡先など)を照会するためのデータベースです。

IP Whoisクエリを使用することによって、次のことが可能になります。

1. IPが存在するIPセグメントを表示できます。IPセグメントはすべて同じ管理者に属します。
2. IPが属する国とオペレータを表示できます。
3.管理者と技術者の連絡先情報(電話、ファックス、メールなど)を獲得し、必要に応じて連絡できます。

最後、スパムハラスメント、サイバー攻撃、およびオンライン詐欺に関して、IP Whoisは特に役立ちます。

IP管理者のWhois情報とは?

IP管理者のWhois情報とは?
IP管理者のクエリには、次の情報が含まれています。

●インターネットデジタルコーディング:IANA(Internet Assigned Numbers Authority)によって割り当てられたIPアドレス範囲のリソース
●ネットワーク名:中国の公共コンピュータのインターネット名(例:CHINANET-HB)
●説明:ネットワーク名の詳細な名前(例:CHINANET-HB、即ちCHINANET Hubei province network)。それから、アドレス、国などのネットワークプロバイダに関する情報
●国:国コードが表示されています。例えば中国はCNと表示されています
●管理者の連絡先:管理者の連絡先コード
●技術者の連絡先:技術者の連絡先コード
●メンテナ:メンテナコード
●従属メンテナ:従属メンテナコード
●メンテナルーティング:メンテナルーティングコード
●ステータス:IPステータス
●ソース:IPアドレスリソース割り当ておよび管理機関。例えばAPNICなど
●メンテナインシデント対応チーム:チームコード
●変更済み:メールボックスに連絡してレコードを変更する

●インシデント対応チーム:インシデント対応チームコード
●住所:連絡先
●Eメール:連絡先メール
●迷惑メールの不正使用:苦情メール
●管理者の連絡先:管理者の連絡先コード
●技術者の連絡先:技術者の連絡先コード
●認可:認可
●メンテナ:メンテナコード
●変更済み:メールボックスに連絡してレコードを変更する
●ソース:IPアドレスリソース割り当ておよび管理機関。例えばAPNICなど

●役割:インターネット管理者
●アドレス:管理者アドレス情報
●国:国コード
●電話番号:管理者の連絡先
●ファックス番号:管理者のファックス番号
●Eメール:管理者の連絡先メール
●管理者の連絡先:管理者の連絡先コード
●技術者の連絡先:技術者の連絡先コード
●ネットワーク情報センター管理:ネットワーク情報センター管理コード
●通知:通知のメール
●メンテナ:メンテナコード
●変更済み:メールボックスに連絡してレコードを変更する
●ソース:IPアドレスリソース割り当ておよび管理機関。例えばAPNICなど

●個人:サーバーホスト
●ネットワーク情報センター - 管理:管理センターコード
●Eメール:連絡先メール
●住所:連絡先
●電話番号:連絡先
●ファックス番号:ファックスの連絡先
●国:国コード
●変更済み:メールボックスに連絡してレコードを変更する
●メンテナ:メンテナコード
●ソース:IPアドレスリソース割り当ておよび管理機関。例えばAPNICなど

📚 Whois コメント

言語