IP: 192.168.10.1 ログインページ ユーザー名 パスワード

IP:192.168.10.1 アイコン/画像意味表 IPアドレス192.168.10.1はプライベートIPであり、よく各ブランドやモデルのルーターのゲートウェイアドレスとして使われています。通常、このIPアドレスはルーターとネットワークを構成できるよう、管理者にルーターへのアクセス権を与えます。ただし、すべてのルーターがログイン管理アドレスとして192.168.10.1を使用しているわけではないことにご注意ください。また、192.168.10.1でルーターにログインすると、問題が発生する場合もあります。これらのような状況に備え、いくつかの解決策提供いたします、ご参考になれば幸いです。

コンテンツ:

1. 192.168.10.1でルーターの設定画面にアクセスする方法?

192.168.10.1は通常、ルーターのログイン管理アドレスです。次の三つの手順で簡単にルーターの設定画面をアクセスできます。

  • 1.LANケーブルまたはWiFiホットスポットを介して、コンピューターやスマートフォンをルーターに接続してください。
  • 2.Edge、Chromeなどの馴染みのブラウザーを開いた後、アドレスバーに192.168.10.1を入力後Enterキーを押す、もしくはこちらのリンクhttp://192.168.10.1をクリックして、ルーターのログイン画面に移動できます。
  • Schematic diagram of login address
  • 3.ログイン画面で正しいユーザー名とパスワードを入力し、ログイン成功した後、ルーターの設定画面で管理とセットアップができるようになります。
  • Schematic diagram of the login page

注意:ブランドやモデルの違うルーターは常に同じログインアドレスを持つことは限らないため、設定画面に入る前、下の画像のように、ルーターの底に貼られている情報の書かれたラベルから、実際のログインアドレスを確認してください。

Login information on the nameplate

その中で、192.168.10.1が最も一般的に使用されているIPアドレスです。現在、melogin.cn、falogin.cn、tplogin.cn、miwifi.comなどのような、ログインアドレスとして英文字を使用するルーターも多数あります。ルーターの後ろのラベルにあるルーターIP、ログインアドレス、ログインIPなどは全部ルーターの管理アドレスを指します。また、ルーターの管理アドレスは変更可能です。アドレスを変更後、元のアドレスでログインできなくなります。この場合、コンピューターやスマートフォンをルーターのWiFiに接続してから、ルーターの新しいIPアドレスを確認できます。詳しい方法は記事「ルーターのIPアドレスを見つける方法」をご参照ください。

🔝 トップに戻る

2. 192.168.10.1がルーターの設定画面にアクセスできない理由と解決方法?

上で述べたように、192.168.10.1はルーター設定画面のログインアドレスです。では、192.168.10.1がルーターの設定画面にアクセスできない場合はどう対処しますか?ここではルーターをセットアップするときに192.168.10.1がルーターの管理・設定画面にアクセスできない理由を紹介し、コンピューターで操作できる解決方法を提供します。同じ問題が発生した場合、まず次の方法をお試しください。

192.168.10.1がルータのセットアップインターフェイスを開くことができない理由は、大きく次の5つのポイントに分けることができます。

Can not open schematic

1.コンピュータのローカルIPアドレス設定が不適切

以前コンピュータのローカルIPを設定したことはあるが、その設定が不適切なため、ルーターがログインできない可能性があります。この場合、IPアドレスを自動的に取得するように設定したら解決できます。以下では、Windows10システムを例にローカルIPアドレスを自動取得に設定する手順を説明いたします。

IP address setting diagram
  • (1)まず、Windows10の「スタート」ボタンを右クリックをすると表示されるメニューで、「ネットワーク接続」を選択してください。
  • (2)「アダプターのオプションを変更する」を選択し、Wi-Fiを右クリックして、「プロパティ」を選択してください。
  • (3)次に、「インターネット プロトコル バージョン4(TCP/IPv4)」を選択して、「プロパティ」をクリックしてください。
  • (4)最後、「IPアドレスを自動的に取得する」、「DNSサーバーのアドレスを自動的に取得する」を選択し、「OK」ボタンをクリックしてください。

コンピュータのIPアドレスが以前に設定したことがなく、デフォルトでアドレスを自動的に取得される場合は、この問題を無視してください。

2.ルーター接続の問題

以下に示すように、LANケーブルを使用して、コンピューター、モデム、そしてルーターを正しく接続してください。

Router connection diagram

まず、外部の電話回線または光ファイバーをモデムに接続し、次にLANケーブルでモデムをルーターのWANポートに接続します。ノートパソコンまたはスマートフォンは、WiFiを介してルーターに直接接続できます。デスクトップパソコンの場合は、LANケーブルを使用してルータのLANポートをコンピュータに接続する必要があります。

3.LANケーブルの問題

コンピュータとルーターの接続に使用するLANケーブルに問題がある場合(断線、あるいは接続プラグの老朽化など)、192.168.10.1は開かない可能性があります。ケーブルが正常に使用できることをまず確認してください。もし予備のケーブルがある場合は、ケーブルを交換してしっかりと差し込んたら、再度再度192.168.10.1ログインページを開いてみてください。また、LANケーブルに問題がある場合は、コンピュータの右下隅のネットワークアイコンが異常表示されます。

そのアイコンに注意を払うのか、もしくはコマンドプロンプト(CMD)で「Ping192.168.10.1」を実行し、コンピュータとルーター間の接続が正常かどうかを確認できます。

4.ブラウザでのURL入力場所ミス

Google、Bing、Baiduなどのブラウザは、ホームページに大きな検索ボックスがあり、多くの人が間違ってその検索ボックスに192.168.10.1を入力しがちです。192.168.10.1の正しい入力場所は、下の画像で示すように、ブラウザのアドレスバー、つまりURLが表示されるブラウザの上部です。

Correct location of address bar

5.ルーター設定の問題

一部のユーザーは、すべてのルーターのIPアドレスが192.168.10.1であると間違って思い込んでいます。しかし実際には、すべてのルーターのデフォルトのログインIPが192.168.10.1であるとは限りません。IPアドレスは、ルーターのブランドやモデルによって異なる場合があります。ご所有のルーターのIPアドレスが192.168.10.1ではない場合は、このIPを通じてルーターの設定画面を開くことはできません。したがって、ルーターのIPアドレスが192.168.10.1であるかどうかをルーター底のラベルにあるデフォルトのIPアドレス(URL)を確認してください。

また、ルーターのデフォルトIPアドレスが変更されている場合もあります。一部のユーザーは、ルーターのセキュリティ強化を目的でルーターのデフォルトアドレスを変更しています。したがって、192.168.10.1はログインできなくなり、変更後アドレスを使用する必要があります。ルーターの実際のログインアドレスを確認するには、次の手順でお試しください。

  • (1)Windows10の「スタート」ボタンを右クリックをすると表示されるメニューで、「ネットワーク接続」を選択してください。
  • (2)「ローカルエリア接続」を右クリックし、「ステータス」を選択してください。
  • (3)「詳細」をクリックしてください。
  • (4)ルーターの実際のログインIPである「IPv4デフォルトゲートウェイ」のIPアドレスを確認します。
Private network IP information

以上は、192.168.10.1がルーターの設定画面にアクセスできない場合の一般的な理由と解決方法です。上記のすべての問題を確認してもアクセスできない場合、ルーターをリセットしてから、再度ログインを試みてください。ルーターを工場出荷時の設定にリセットする方法については、記事「ログインアドレスとしての192.168.10.1を使用して、ルーターを工場出荷時の設定にリセットする方法?」をご参照ください。

🔝 トップに戻る

3. 192.168.10.1でルーターにログインしたが、代わりにISPのログインページに移動した場合は?

192.168.10.1でルーターにログインしたいだが、代わりにISPのログインページに移動した理由は何ですか。本当のログインアドレスは何ですか?どうすればルーターの設定画面にアクセスできますか?

Other login screens

ルーターの管理アドレスが確かに192.168.10.1であるが、それでもISPのログインページに移動した原因は、次のいくつかの理由が考えられます。

1.ルーターとモデムの間にIPアドレスが競合している

ISPが提供するモデムのデフォルトのIPアドレスは192.168.10.1で、ルーターのIPアドレスも192.168.10.1です。このとき、IPアドレスが重複・競合が発生し、192.168.10.1がISPのログインページに移動する可能性があります。

解決方法:次の手順でルーターのIPアドレスを変更します。

  • (1)まず、下の画像のように、ルーターのWANポートから光モデムへのネットワークケーブルを取り外し、ルーターのLANポートにはコンピュータのみを接続してください。
  • Router computer connection diagram

    注意:

    ルーターのLANワークケーブルを抜いた後、ネットにアクセスできなくでも、ルーターを設定できないことを心配する必要はありません、ネット接続が無くてもルーターを設定できます。コンピューターをルーターのLANポートにケーブルで接続するか、ノートパソコンやスマホをWiFi経由でルーターに接続すれば 、設定画面にアクセスができ、ルーターを設定できます。

  • (2)ブラウザのアドレスバーに192.168.10.1を入力して、ルーターの設定ページにログインしてください。
  • (3)ルーターの設定ページを開き、「LANポート設定」(一部のルーターは「LAN設定」または「内部ネットワーク設定」とも呼ばれます)でIPアドレスを変更してください(たとえば、192.168.2.1に変更する)。
  • LAN port modification
  • (4)最後、ルーターのIPアドレスを変更した後、ルーターのWANポートをモデムに接続してください。変更したIPアドレスでルーターの設定画面を開くことができるはずです。

2.ルーターのIPアドレスが変更されました

ユーザーがルーターのIPアドレスが変更されたことを知らずに、デフォルトの192.168.10.1を入力した場合、ISPのログインページに移動する可能性があります。

解決方法:変更後のIPアドレスでルーターにログインしてください。コンピュータのローカル接続(イーサネット)アドレスからルーターの実際のIPアドレスを確認できます。画像のように、IPv4デフォルトゲートウェイの後ろについているのが、ルーターの実際のIPアドレスです。

real gateway address

上の画像の場合は、ルーターの設定画面にアクセスするには、ブラウザーに192.168.3.1を入力する必要があります。

注意点:

①ルーターのログインIPアドレスは手動で変更できます。

②現在、一部のルーターにはIPアドレス自動変更機能があります。ルーターのWANポートがモデムに接続されると、ルーターのIPアドレスがモデムのIPアドレスと重複した場合、ルーターはアドレス競合を避けるために自身のIPアドレスを自動的に変更します。

🔝 トップに戻る

4. ログインアドレスとして192.168.10.1を使用するルーターのユーザー名とパスワードは?

では、どのブランドのルーターがデフォルトログインアドレス192.168.10.1を使用するでしょう?そして、デフォルトユーザー名とパスワードは何でしょう?本サイトは、市場で人気のあるルーターのブランドとモデルで使用されているデフォルトのログインユーザー名とパスワードを集めています。以下は、ログインアドレスとして192.168.10.1を使用するルーターのユーザー名とパスワードのリストです。データは稼働率に基づいて分析しており、参考用のみでお願いします。

ブランド デフォルトユーザー名 デフォルトパスワード 使用率
D-Link admin admin 100%
COMFAST admin admin  66.67%
16.67%
admin  16.67%
Cudy admin admin 14.29%
admin 85.71%
Encore admin admin  100%
Fon Wireless admin - 100%
IC Intracom admin admin 100%
Intracom admin admin 100%
Jetstream - admin 100%
Keebox - admin 50%
- - 50%
Maginon admin admin 100%

もっと

🔝 トップに戻る

5. ログインアドレスとして192.168.10.1を使用するルーターのパスワードを変更する方法?

ネットワークセキュリティを確保し、WiFiのただ乗りを防ぐために、ルーターのデフォルトのユーザー名とパスワードの変更をお勧めします。次に、192.168.10.1にログインできるパスワードの変更方法を紹介します。その中にはルーターのログインパスワードの変更や、ワイヤレスネットワークパスワード(WiFiパスワード)の変更などが含まれています。

1.ルーターのログインパスワードの変更方法

変更前のパスワードがわかっている場合は、まずLANケーブル・WiFiを介してパソコンまたはスマホをルーターに接続し、ブラウザーのアドレスバーに192.168.10.1と入力してルーターのログインページを開き、デフォルトのユーザー名とパスワードを入力して設定画面にアクセスしてください。そして「詳細」→「管理」→「パスワードの設定」をクリックし、元のユーザー名とパスワードを入力した後、新しいユーザー名と新しいパスワードに変えることができます。

Modify router login username and password

注意点:

ルーターの管理者ログインパスワードを変更した後は、必ずそのパスワードを記憶してください。忘れになれないように、メモしてルーターの背面に貼り付けることをお勧めします。

2.無線ネットワークパスワード(WIFIパスワード)の変更方法

ワイヤレスネットワークパスワード(WIFIパスワード)の変更は、ルーターのログインパスワードの変更に似ています。192.168.10.1を使用してルーターにログインした後、「詳細設定」→「設定」→「無線設定」をクリックし、「WPA-PSK / WPA2-PSK」を選択、PSKパスワード(WIFIパスワード)を入力して「適用」をクリックします。

3つの認証方式:自動選択、WPA-PSK、WPA2-PSK。基本的にこの三つの認証方式の間に違いはなく、自動選択を選べば大丈夫です。

3つの暗号化アルゴリズム:自動選択、TKIP、AES。通常、AES暗号化アルゴリズムが推奨されます。

Modify WIFI connection password

🔝 トップに戻る

6. ログインアドレスとして192.168.10.1を使用するルーターの工場出荷時の設定にリセットする方法?

ルーターの設定が混乱でネットにアクセスできない場合、192.168.10.1をログインアドレスとして使用しているルーターを工場出荷時の設定にリセットする方法は何ですか? 一般的に、工場出荷時の設定にリセットする方法は2つあります。

1.192.168.10.1を通じてルーターの管理設定画面にアクセスし、工場出荷時の設定にリセットします。

  • (1)パソコン・スマホのブラウザーを開き、アドレスバーに192.168.10.1を入力し、「Enter」キーを押してください。ログインページでユーザー名とパスワードを入力して、設定画面にアクセスできます。
  • (2)ルーターのブランドやモデルが異なれば、設定画面のメニューやボタン名も異なる可能性があります。ここでは、ルーター「NETGEAR Nighthawk X6 R8000」を例として取り上げ、以下に示すように、「詳細」→「管理」→「バックアップ設定」で操作してください。
  • Restore factory default settings

  • (3) 「工場出荷時の設定に戻す」(あるいは「リストア」)をクリックしてください。誤操作を防ぐため、下の画像のように、工場出荷時の設定に戻すかどうかを尋ねるボックスが表示されます。
  • Whether to restore factory settings

  • (4)「OK」ボタンをクリックすると、ルーターが自動的に再起動します。再起動後、ルーターは工場出荷時の設定にリセットされています。

この方法は、ルーターのユーザー名とパスワードを知っている場合にのみ操作できます。それらを忘れた場合でも、ルーターをリセットする別の方法があります。

2.リセットボタンで工場出荷時の設定にリセットします。

ルーターの背面にリセットボタンがあります。このボタンは一般的に2つの形式があり、1つは直接押す突き出たタイプ、もう1つは穴形のタイプ、ピンや針など道具を使う必要があります。ルーターの電源が入っている状態でリセットボタンを10秒ほど長押しし、電源LEDが点滅したらボタンを離します。数秒後、ルーターは再起動をします。この時のルーターは無事工場出荷時の設定にリセットされています。

Router Reset Button

注意点:

①ルーターを工場出荷時の設定にリセットする場合、電源を切ることはできません。突如電源を切ると、ルーターのハードウェアが損傷する可能性があります。

②ルーターを工場出荷時の設定にリセットと、各機能の設定やデータはすべて削除されます。ネットにアクセスするには、ルーターを再設定する必要があります。

🔝 トップに戻る

インターネットについてある程度の知識を備えている場合は、IPv4: 192.168.10.1にアクセスして、以下のようなより専門的な解決方法を参考することができます。

警告:ルーターの初期化により、各機能の設定、データはすべて削除されます。ルーターの設定についてよくわからない場合は、リセットを試さないでください、故障を起こす可能性があります。

それでも解決できないネットワークの問題がある場合は、こちらのお問い合わせにご連絡ください。

🔝 トップに戻る

🌐 IPv4 場所

IP 住所: 192.168.10.1
インターネットサービスプロバイダ  ?  : Private IP Address LAN
使用タイプ  ?  : RSV (予約済み) 🈯
リンク: http://192.168.10.1 / https://192.168.10.1
Whois 情報: Whois 192.168.10.1
Ping 速度: Ping 192.168.10.1 (送信後13秒間待ちます。)
Google 検索: 192.168.10.1
もっと: 192.168.10.1 Whois

通信速度

通信速度 | ipshu.com 0 50 100 150 200 250 300 4G - ダウンロード(Mb/s): 28.15 5G - ダウンロード(Mb/s): 263.4 ブロードバンド - ダウンロード(Mb/s): 137.28 4G - アップロード(Mb/s): 16.25 5G - アップロード(Mb/s): 43.4 ブロードバンド - アップロード(Mb/s): 56.23 4G 5G ブロードバンド アップロード(Mb/s) アップロード ダウンロード(Mb/s) ダウンロード

🔢 IP 数値

IPv4: 192.168.10.1 Network Class, Net ID, Host ID 2進数、10進数、16進数でのIPアドレスの説明 IPアドレスクラスA / B / C / D / EおよびネットワークID、ホストIDの説明

🔠 IPv4 アドレス空間

  • 接頭語: 192/8
  • 指定: 管理者 ARIN
  • 日付: 1993-05
  • Whois: whois.arin.net
  • Rdap: https://rdap.arin.net/registry, http://rdap.arin.net/registry
  • 状態: レガシー
  • ノート: [9][10]

言語