ルーターのローカル/プライベートIPは:

ローカル/プライベートIP お問い合わせ

ルータープライベートIP: 
---
あなたのプライベートIP:

192.168.1.64は、ローカルエリアネットワークのIPです。多くの人は、イントラネットWIFIワイヤレスルーターのログイン方法を見つけることができません。リンクをクリックしてみてください: http://192.168.1.64管理インターフェイスにログインします。接続できない場合は、ルーター管理ログインの記事を参照してください。ユーザー名とパスワードを忘れた場合は、ルーターのマニュアルまたはラベルを参照してください。

IP:192.168.1.64 アイコン/画像意味表

192.168.1.64などのIPアドレスの使用方法とその使用方法

まず、IPアドレスの常識を広めます。 IPアドレスは5種類のABCDEに分類され、そのうちABCがよく使用されます。これら3つのタイプのアドレスの一部は予約済みアドレスです。これらのアドレスを持つデータパケットを直接インターネット上に置くことはできません。 192.168.1.64に伝播されるのは、クラスCアドレスの予約済みアドレスです。これは、一般にローカルエリアネットワークで使用されます。クラスCアドレスのデフォルトのサブネットマスクは255.255.255.0です。これは、クラスCアドレスが256のIPアドレスに対応できることを意味します。もちろん、1を除く各代表ネットワークには1代表ブロードキャストがあります。実際には、クライアントに割り当てることができるのは254のみです。たとえば、ネットワーク192.168.1.0のクライアントIPは1〜254にすることができます。それらの間の通信は、ルーターを経由せずにファイルを直接転送できます。

192.168.1.64アドレスの使用は非常に広範囲であると言いたいです。予約アドレスですので、LAN上で自由に使えるということです。通常、末尾が.1のIPは予約されているため、クライアントIPとして使用されます。ゲートウェイによって使用されるため、192.168.1.2-192.168.1.254は自然にクライアントに割り当てられます。 LANにDHCPサーバーがある場合は、IPアドレスプールを192.168.1.2-192.168.1.254に直接設定できます。 DHCPがない場合、ユーザーは記事「WindowsでホストのIPアドレスを設定する方法」を参照して、クライアントのIPアドレスを手動で設定できます。

さらに、無線ルーターは今日広く使用されています。一般に、そのようなデバイスのLANポートIPの仮数は.1です。他のユーザーが推測できないように、LANポートIPを別のアドレスに変更することをお勧めします。ワイヤレスルーターのLANポートIP(1つずつ試行しない場合)。たとえば、192.168.1.64は適切な選択です。もちろん、LANポートIPは自由に設定できます。元のネットワークセグメントでIPを選択し、他のネットワークセグメントを使用する必要はありません。 IPはより安全で隠蔽されますが、クライアントのゲートウェイもそれに応じて変更する必要があることを忘れないでください。そうしないと、インターネットに接続できません。

一部の中小企業や学校は、通常、固定の外部ネットワークIPアドレスを申請し、IP共有を通じて、会社全体または学校のマシン全体がインターネットにアクセスできます。これらの企業または学校のマシンで使用されるIPアドレスは、イントラネットIPです。イントラネットIPのIPv4プロトコルを計画するときは、IPアドレスリソースが不足している可能性があることを考慮して、プライベートIPアドレス(または予約済みアドレス)がイントラネット用に特別に設計されています。一般的に使用されるイントラネットのIPアドレスは、10。*。*。*、172.16。*。*-172.31。*。*、192.168。*。*などの形式です。イントラネット上のコンピューターは接続を送信できることに注意してくださいインターネット上の他のコンピュータへの要求。ただし、インターネット上の他のコンピュータは、イントラネット上のコンピュータに接続要求を送信できません。通常、内部ネットワークマシン上にWebサイトまたはFTPサーバーをセットアップしますが、外部ネットワーク上のWebサイトおよびFTPサーバーにアクセスできないため、これが理由です。

インターネットについてある程度理解している場合は、 IPv4:192.168.1.64にアクセスして、 次のようなより専門的なソリューションを表示することもできます。

⚠️特別な警告:ルーターの初期化では、すべての設定情報が失われます。ルーターの設定についてよく知らない場合は、軽く試さないでください。あなたはそれを知っている誰かに助けを求めることができます。

それでも解決できないネットワークの問題がある場合は、こちらからお問い合わせいただくこともできます。


プライベートIP 192.168.1.64 アドレスは、LAN IP、内部ネットワークIP、プライベートネットワークIP 192.168.1.64 とも呼ばれます。プライベートIPはインターネットに直接接続することはできません。パブリックインターネットに接続するには、アドレス変換(Network Address Translator、NAT)、またはプロキシサーバーを使用する必要があります。

パブリックIPアドレスと比べ、プライベートIP 192.168.1.64 は無料であり、IPアドレスリソースも保存されたため、ローカルエリアネットワークでの使用に適しています。プライベートIP 192.168.1.64 はインターネットから直接アクセスできませんが、パブリックIPアドレスより安全です。プライベートIP 192.168.1.64 は、家庭、学校、企業のLANでよく使用されます。

LAN内のデバイス(例えば:コンピューター、携帯電話、インターネットTVなど)はすべてプライベートIPを使用し、ルーターを経由して外部ネットワークに接続しています。ルータには内部ネットワークIPと外部ネットワークIPの両方があり、中間ブリッジとして機能しています。イントラネットアドレスを使用して、ルータ管理インターフェイスにアクセスし、関連設定を行うことができます。詳細は、各種ルータのマニュアルを参照してください。

🌐 IPv4 場所

IP 住所: 192.168.1.64
インターネットサービスプロバイダ: Private IP Address LAN
使用タイプ: RSV (予約済み) 🈯
リンク: http://192.168.1.64 / https://192.168.1.64
Whois 情報: Whois 192.168.1.64
Ping 速度: Ping 192.168.1.64 (送信後13秒間待ちます。)
Google 検索: 192.168.1.64
続き: 192.168.1.64 詳細, 192.168.1.64 Whois

通信速度

通信速度 | ipshu.com 0 50 100 150 200 250 300 4G - ダウンロード(Mb/s): 28.15 5G - ダウンロード(Mb/s): 263.4 ブロードバンド - ダウンロード(Mb/s): 137.28 4G - アップロード(Mb/s): 16.25 5G - アップロード(Mb/s): 43.4 ブロードバンド - アップロード(Mb/s): 56.23 4G 5G ブロードバンド アップロード(Mb/s) アップロード ダウンロード(Mb/s) ダウンロード

言語